tDiary.org - 日記コミュニケーションを加速する


要望管理システム(ITS)の変更と使い方

Last Update: 2011-05-05 12:10:19

tDiaryに関する要望、課題の管理には、GitHub上の管理システム(Issue)を使っています:

ITS screen shot

以下にシステムの使い方を簡単に説明します。ITSそのものに関する説明は本文末尾にあります。

チケットの発行方法

「New Issue」から新規のチケットを発行できます。ただし新規チケットを発行する前に、同じような内容のチケットがないか確認しましょう。すでに修正が行われてCloseされているチケットがあるかも知れません。検索機能などを使って、ざっと調べてみてください。

新規チケット発行時に入力してもらいたいのは、以下の項目です。

  • Title
    • 要望やバグの内容がひと目でわかるように、Titleで簡潔な要約をしてください
  • 本文
    • 要望やバグについて、詳細な情報を記入してください
    • 特にバグに関しては、開発者の手元で再現可能なように、できるだけ詳細な環境情報を教えてください(動作OS、Webサーバ、tDiaryのバージョンやプラグインの有無など)。エラーメッセージが出ている場合にはそれも引用してください

チケットの更新

チケットの発行を知った開発者は、その内容に応じて優先度を変更したり、いつまでに直すかを決めたり(マイルストーン)、担当者を割り当てたりします。

チケットの内容によっては、より詳しい説明が必要になる場合があるので、その場合にはチケットの発行者に対してコメントの形で質問や提案をします。チケットの発行者はそれに答えるなどして、開発者と協力して問題の解決にあたります。

問題が解決する(または対応しないことが決まる)などして、チケットの用件が終了した場合には、チケットがCloseされます。Closeは開発者がすることもありますし、発行者が(満足する結果を得たのなら)自分でCloseしてもかまいません。


ITSについて(解説)

ITSは、要望やバグをわかりやすく管理するシステムです。1つ1つの要望やバグが「チケット」という単位で管理でき、チケットの発行を起点にその課題がなんらかの解決をみるまで、追跡できるようにしてくれます。

チケット情報の更新をメールやフィードによって監視できるので、報告者と開発者の間のコミュニケーションを効率よくしてくれる可能性があります。

Tags: dev
コメント(3) [コメントを投稿する]
hΛl (2008-01-14 23:00)

こういうことに無知なので、お伺いしたいんですけど、「誰が」ということに絞って確認させてください。<br><br>●チケットを発行する人 → 開発者を含むtDiary利用者全て<br>●チケットにコメントできる人 → 開発者、開発者が指定した担当者、チケットを発行した人<br><br>ってこといいんでしょうか?<br>もしも、これが要望管理システムへの正常な関わり方なんだとしたら、ちょっと前に自分に関わりのないチケットに勝手に書き込んじゃったのがあるので(Googleで偶然ひっかかった #33 seemore.rb です)、お詫びしておきます。

ただただし (2008-01-15 12:43)

>hΛlさん<br>コメントも、どなたがされてもかまいません。第三者が良い解決策を持っているかも知れませんし。<br>あまり難しく考えず「状態管理のできる掲示板の一種」と捉えて良いのではないでしょうか。

hΛl (2008-01-16 01:30)

> コメントも、どなたがされてもかまいません。<br>そうなんですね。ホッとしました。<br>「状態管理のできる掲示板の一種」ということであれば、自分の持ってたイメージどおりです。


«2.2の「本日のリンク元」について 最新 ツッコミ抜きのフィード(RSS)も生成しましょう» 編集
Fork me on GitHub